雨の降り続く、ある大都会。

退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事サマセットと、
血気盛んな新人刑事ミルズは、ある死体発見現場に急行した。

死体は信じられないほど肥満の男であり、彼は食べ物の中に顔を埋めて死んでいた。

死因は食物の大量摂取とその状態で腹部を殴打されたことによる内臓破裂。

状況から、何者かによって手足を拘束され、
銃で脅されながら食事を強制されていたことが判明し、殺人事件と断定される。

サマセットは死体の胃の中から発見されたプラスチックの破片から、現場の冷蔵庫の裏に、
犯人が脂で書いたと思われる「GLUTTONY(暴食)」の文字と、
事件の始まりを示唆するメモを発見する。

次の被害者は強欲な弁護士のグールドであり、
彼は高級オフィスビルの自室で血まみれになって殺されていた。

死体はちょうど贅肉の部分を1ポンド分切り落とされており、
状況から犯人は2日かけて、被害者にどこの肉を切るか選ばさせていたと推定された。

現場には被害者の血で「GREED(強欲)」の文字が残されており、
サマセットは、犯人が「七つの大罪」をモチーフにして殺人を続けていると判断する。

その後の捜査で、壁に指紋で書かれた「HELP ME」の文字が発見され、
その指紋から前科者の通称ヴィクターが浮かび上がる。

続きは皆さんの目で確かめて下さいね♪