「これは、若き日のジェームズ・ボンドが007になるまでの物語」

「最初の任務は、自分の愛を殺すこと」


ソ連・スメルシュのフランスにおける工作員であるル・シッフルは、
使い込んだ組織の資金を穴埋めするため、
ロワイヤル・レゾーのカジノでバカラによる一攫千金を狙っていた。

イギリス秘密情報部員007、ジェームズ・ボンドは、
上司 M からバカラでル・シッフルを負かして破滅させるよう命令される。

ボンドは、同僚の女性ヴェスパー・リンド、
フランス参謀本部2課のルネ・マティス、
CIAのフェリックス・ライターと連携し、一度は窮地に陥りながらも任務に成功する。

しかし、その直後にヴェスパーがル・シッフルに拉致され、
後を追ったボンドも捕まり、金を返すよう拷問にかけられるが、
ル・シッフルはスメルシュの刺客に粛清され、ボンドは命拾いをする。
ボンドは自分の仕事に疑問を抱いて辞職を決意し、ヴェスパーとの結婚を考えるが…

この続きは皆さんの目で確かめて下さいね☆