H&S

はぎさんとしんいくんラブコメディ

クリスマス前のニューヨーク。

買い物で賑わうデパートで
ジョナサンとサラは出会った。

それは偶然に
同じ商品の手袋へ手を伸ばした時。

2人は譲り合っているうちに惹かれ合うものを感じ、
“幸せな偶然”という名のカフェ“セレンディピティ3”でお茶をする。

2度目の偶然の再会はすぐに訪れ、2人は運命を感じはじめていた。

しかし、サラはこれが本当の運命なのか試そうと、
ある“提案”をして去っていった。

数年後、ジョナサンは婚約し、
一方サラは
ミュージシャンの恋人から求婚されていたが、
まだ2人はお互いを忘れられないでいた…。

続きはみなさんの目で確かめて下さいね♪

この映画は2005年にイギリス人のダニー・ウォレスが自身の経験を元に執筆したYes Manという本に基づいている作品になります。




何にでも「NO」しか言わない、
ジム・キャリー演じるカールが、
昔の友人に誘われ、
あるセミナーに行きます。

そこで「YES」の魅力について語られ、仕方なく、
何にでも「YES」という事をカールは誓う。

浮浪者から金をくれと言われても「YES」、

嫌いな上司の誘いにも「YES」、

街で見かけた「中国語始めませんか?」
の広告にも「YES」。

最初は半信半疑だったが、
カールの人生は幸せに変わり始めていく。

すっかり調子にのっていたカールだったが、
ある時いつも通り「YES」と言ったことがきっかけで、
カールは大事なものを失いかける。

「オレはこのままでいいのか」

カールは悩み始める。

果たしてカールが出した結論とは…。

続きは皆さんの目で確認してくださいね♪

恋愛中の女性は

・幸福
・承知の上で不幸
・不幸を認めない

の3種類。

凄腕の別れさせ屋
アレックスのターゲットは
私は幸せなんだと、
自分の不幸を認めない
そんな不器用な③番目の女性。

「私の親友をダメ男から助けて」
「妹が被害者よ」
「妻が管理人と……」
「あいつはママのヒモよ」

依頼は様々で親友や姉妹、夫に娘。
どれもバカな男から女性を助けてほしいとの依頼だ。

アレックス率いる
アレックスの姉とその夫の3人は、
チームとしてそんな悩める女性を
助けている。

モロッコで一仕事終えたアレックス達は、
10日後に結婚する娘(ジュリエット)の父親から、
「10日間で娘の結婚を阻止せよ」と
依頼を受ける。

相手の彼氏は顔もハンサム、
知的で性格も良くお金持ちの青年実業家。

今までで
最高難易度のミッションだが、
借金のあるアレックスが
この高報酬を断ることは出来なかった。

ジュリエットのボディーガードとして潜入し、買い物に付き合ったり、
ジュリエットがダンス映画が好きと言えば
そのステップを勉強し、

時には、
借金の取り立てから命を狙われながら、
どうにか彼女のハートを射止めたいアレックス。

磨き上げてきた恋愛テクニックの全てを駆使して挑むアレックスだったが、
なぜか彼女には通用しない。

それどころか、
「ターゲットには恋をしない」という
アレックスだったが、
彼女を知っていくにつれ、
ジュリエットの純粋な優しい心に触れ、
次第にアレックスの心は揺れ動いていく。

気が付けばもう明日が結婚式。

果たしてアレックスは自分の気持ちを殺し、
ミッションを達成させることが出来るのか。

続きは皆さんの目で確かめて下さいね♪

雨の降り続く、ある大都会。

退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事サマセットと、
血気盛んな新人刑事ミルズは、ある死体発見現場に急行した。

死体は信じられないほど肥満の男であり、彼は食べ物の中に顔を埋めて死んでいた。

死因は食物の大量摂取とその状態で腹部を殴打されたことによる内臓破裂。

状況から、何者かによって手足を拘束され、
銃で脅されながら食事を強制されていたことが判明し、殺人事件と断定される。

サマセットは死体の胃の中から発見されたプラスチックの破片から、現場の冷蔵庫の裏に、
犯人が脂で書いたと思われる「GLUTTONY(暴食)」の文字と、
事件の始まりを示唆するメモを発見する。

次の被害者は強欲な弁護士のグールドであり、
彼は高級オフィスビルの自室で血まみれになって殺されていた。

死体はちょうど贅肉の部分を1ポンド分切り落とされており、
状況から犯人は2日かけて、被害者にどこの肉を切るか選ばさせていたと推定された。

現場には被害者の血で「GREED(強欲)」の文字が残されており、
サマセットは、犯人が「七つの大罪」をモチーフにして殺人を続けていると判断する。

その後の捜査で、壁に指紋で書かれた「HELP ME」の文字が発見され、
その指紋から前科者の通称ヴィクターが浮かび上がる。

続きは皆さんの目で確かめて下さいね♪

若い女性の皮膚を剥ぎ落とし、その死体を川に流すという残忍な連続猟奇殺人が発生した。

犯人の仮称を冠し“バッファロー・ビル事件”と呼ばれるこれを解決するため、
FBI訓練生のクラリスは、クロフォード主任捜査官からある任務を課される。

それは、元は天才的な精神科医であり、
自分の患者を食したため現在は州立精神病院に措置入院されているレクター博士を訪ね、
バッファロー・ビルの精神状態を解明させるというものだった。

クラリスから依頼されたレクターは、その引き換えとしてクラリスに、彼女自身の過去を語らせる。

続きは皆さんの目で確かめて下さいね♪

1985年のカリフォルニア州ヒルバレーに住む
ロックとペプシが大好きな高校生マーティ・マクフライは、
科学者である親友のエメット・ブラウン博士(通称ドク)を手伝って、
深夜のショッピングモールの駐車場にて、
乗用車デロリアンを改造してドクが開発したタイムマシンの実験をする。

実験は成功したが、
ドクがタイムマシンの燃料であるプルトニウムを調達するために騙した
リビアの過激派の襲来に遭い、
ドクはアサルトライフルで射殺されてしまう。

同じく命を狙われたマーティはとっさにタイムマシンに乗って逃走するが、
シフトレバーを動かす際に肘で次元転移装置のスイッチを入れてしまった為、
30年前の1955年にタイムスリップしてしまう。

1985年に戻ろうとするマーティだったが、
タイムマシンは燃料のプルトニウムを使い果たしてしまった為、
タイムスリップすることが出来なくなっていた。

そこでマーティは1955年のドクと会い、未来に帰る手助けをしてもらうことにした。

最初は疑念の目を向けるドクだったが、タイムトラベル理論を思いついたきっかけなど、
当時の自分しか知らないはずの事情をマーティーが知っていたことから彼を信じ、
数日後にヒルバレーの時計台に落ちる予定の雷の力を利用し
タイムマシンを稼動させる算段を立てる。

続きは皆さんの目で確かめて下さいね♪

名門ブラウン大学(映画版ではノースウェスタン大学)を卒業し、
ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックスは、
幸運にも何百万の女性の憧れとする仕事・
ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職した。

しかもその編集長でファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、
ミランダ・プリーストリーのアシスタント職である。

だが、ミランダは自分の身の回りの世話を
アシスタントに押し付けるなどの横暴を発揮する最悪の上司であり、
今までに何人もがこの仕事を辞めていたのであった。

ファッションには何の興味もなかった彼女であるが、
本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、
彼女の悪魔のような要求に耐えていく。

続きはみなさんの目で確かめて下さいね。

結婚式を2日後に控えたダグは、
親友である教師のフィル・ウィネック(フィル)と
歯科医のスチュアート・プライス(スチュ)またはDr.Faggot、
そして婚約者トレイシーの弟のアランと共に
バチェラー・パーティー(独身さよならパーティー)として、
ラスベガスを訪れ、シーザーズ・パレスに滞在する。

アラン・ガーナー

ダグの婚約者であるトレーシーの弟。
作中ではやたら奇人じみた行動を取る。
無教養で不作法だが、ある分野において天才的な才能を発揮する。

フィル・ウィネック

ダグの友人。
職業は教師であり、妻子持ち。
頭の回転が早く冷静であり、危機的状況に陥ってもほとんど動揺しない。
3人の中ではまとめ役。

ダグ・ビリングス

今回消えた花ムコとなる人物。
三人はこのダグを見つけるために、
昨夜の記憶をたどることとなる。

スチュアート・プライス

ダグの友人。
職業は歯医者だが、時々見栄をはって「俺は医者」だと言う。
普段は温厚だが、精神的に脆く、状況が悪化するたび言動に冷静さを欠く。
長年同棲している恋人がいるが浮気されており、
本人はその事実を黙認している。
個人的にはこいつが一番好き☆

ラスベガスホテルの屋上で独身さよならパーティーをする四人。

このあと事件は起きる。

翌朝・・・・


酔いつぶれていたフィル達が目を覚ますと
屋上で飲んでたはずがいつの間にかホテルでつぶれていた。
ダグは消えており、スチュは歯が一本抜け、トイレには虎が出現し、
クローゼットには赤ん坊がいるという意味不明な状況に陥っていた。
どうしてこうなったのか、そしてダグはどこへ行ったのか、
窓のない部屋での記憶を彼らは二日酔いの頭で必死に思い出そうとする。

「ダグがいない!!」

このあと結婚式を控えているダグを式が始まるまでに探さなくては!

とりあえずエレベーターに乗り、
思い出せる限りの記憶を辿りダグを探しに行くのだが・・・・・

このあとの続きは皆さんの目で確認してみて下さいね☆

主人公サム(トム・ハンクス)の妻マギーは病で亡くなってしまった。

サムの息子ジョナは、落ち込むパパを見ていられなかった。

そんなクリスマスの夜、
ジョナはサムに元気を取り戻してほしく
「パパに新しい奥さんを下さい」と
リスナー参加型のラジオ番組に電話で投稿する。

ラジオ番組の司会者は、
「パパに代わってもらえる?」と
ジョナに頼む。

渋々受話器を取ったサムだったが
息子のそんな優しさに答えようと、亡くなった妻マギーの事を語る。

「彼女ほど素敵な女性はいなかった。まるで運命のマジックにかかったようだった。」
自分自身の悲しみを淡々と語るサムの声を、
クリスマスの夜、
時間を忘れ、全国の女性が聞いていた。
シアトルから遠く離れたボルティモアでもそのラジオは流れ、
アニー(メグ・ライアン)は運転中にそのラジオを耳にする。

サムの悲しみに満ちた声にアニーも涙する。

その翌日から、
サムは「シアトルの眠れぬ男性」として全国の女性から注目を浴び、
数え切れないほどのファンレターが届く。
アニーも婚約者がいたが、
なぜかどうしてもサムの事が気になり、手紙を出すのだが・・・。

果たして二人は「めぐり逢える」のだろか。

運命の人を亡くした男性に
運命を感じてしまった女性の切なくも、
とても純粋なラブストーリーです。

この続きは皆さんの目で確かめてみてください。


2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930